SiioLaboratory

奥山 瑞希 (Mizuki Okuyama)

Projects

円筒、円形状の物体に適用可能なマーカ研究(2015.08〜)

  • 立体物に取り付け認識可能なマーカとして研究を開始
  • マーカには、M系列から生成した2進数をエンコードし、バーコード状のパターンを作成
5.jpg
  • 実用例: 和服帯の試着を支援する拡張現実システム
    • 和服の帯の仮想試着システム
    • 和服の帯は試着の際に帯結びを行うことができないため、カメラから取得した人物の画像と帯結びをした帯のCG画像をマッピングし、仮想試着を実現
    • 本来帯を巻く部分には、M系列から生成したパターン画像を用い、マーカとして使用
8_2.png


4_2.jpg

IDつき円筒マーカ

  • 和服帯AR試着システムでは、ユーザは1人であることを前提とした
  • 物体が複数カメラ内に映り込むことを考えると、マーカのIDが必要である
  • バーを円周方向にリング状に並べた "リングマーカ" を組み合わせることで、マーカのIDを付加することができる
    6.jpg

    7.jpg

Publications

Contact

  • 〒112-8610東京都文京区大塚2-1-1お茶の水女子大学理学部情報科学科椎尾研究室
  • Siio Lab., Department of Information Sciences, Faculty of Science, Ochanomizu University, 2-1-1 Otsuka, Bunkyo-ku, Tokyo 112-8610 Japan.

研究室ホームページへ:SiioLaboratory 情報科学科ホームページへ 理学部ホームページへ お茶大ホームページへ


添付ファイル: file7.jpg 339件 [詳細] file6.jpg 408件 [詳細] file5.jpg 419件 [詳細] file4_2.jpg 652件 [詳細] file2_4.jpg 563件 [詳細] file8_2.png 685件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-27 (火) 17:59:15 (179d)