お茶の水女子大学情報科学領域・コース・学科の博論・修論・卒論発表会

  • このページがわからなくなったら: kensaku.png

目次:

2019年度博士論文公開発表会

http://siio.jp/gyazo/20150212183337.png http://siio.jp/gyazo/20150212183928.png http://siio.jp/gyazo/20150212194705.png

博士論文公開発表会会場となる本館第7講義室は 有形文化財に登録されている 本館の中で、 本館建築当時の内装と什器を残した唯一の講義室です
(第7講義室が用意できない場合は別の会場になります。以下の案内をご確認ください。)

  • タイトルをクリックすると要旨原稿のPDFを見ることができます

博士論文公開発表会

  • 2020年2月19日(水曜日)13時00分~ @共通3号棟408
  • 論文題目:
  • 概要

金子貴美 博士論文公開発表会

  • 2020年2月20日(木曜日)14時00分~ @本館2階 第7講義室 (212室)
  • 論文題目:日本語談話関係認識のための理論とコーパス構築
  • 概要
     自然言語処理研究の究極的な目標の1つは「計算機に文章・文脈を理解させること」である。文章は、それを構成する各文を意味解析しただけでは導出できない、文間の構造に関わる意味を持っているため、上記目標を実現するには、文間や節間にある意味的な繋がり関係を解析する必要がある。このような、文や節といった談話片間の意味的関係のことを談話関係と呼ぶ。
     談話関係と時間関係は相互に依存しているため、そのような依存関係を考慮して談話関係の定義がなされるべきである。しかしながら、談話関係に関するいずれの先行研究も、談話関係と時間関係の依存関係を反映した設計となっているとは言い難い。そのような設計ができていない一因として、いずれの先行研究も解釈が揺れる「話し手や書き手の意図に関する関係」と、解釈が一意に定まる関係とを十分に選り分けられていないことがある、と推察される。
     上記の問題点を踏まえ、本研究では、話し手や書き手の意図に関する関係と、解釈が一意に定まる関係とを選り分け、後者について、時間関係との依存関係を反映した、談話関係の決定手順を確立することを目指し、談話関係を再定義する。具体的には、上記の実現のためにまず、出来事(eventuality)、モダリティ(modality)、時制(tense)、時間関係(temporal relation) と、談話関係との依存関係の整理を行い、それを元に談話関係の分類体系と客観的な談話関係の決定手順を定義する。その後、定義した分類体系と決定手順に従ってアノテーション実験を行い、一致率の算出やエラー分析を行うことにより、「解釈が一意に定まる関係のみに絞って談話関係を定義できたか」を検証し、談話関係の決定プロセスのどの部分を明らかにできたか、および、どの部分に課題が残るかを議論する。

※咳や発熱などの自覚症状がある方は聴講の自粛をお願い致します。また、症状のない方もマスク着用にご協力ください。

矢野緑里 博士論文公開発表会

  • 2020年2月26日(水曜日)14時00分~ @理学部3号館6階 602会議室
  • 論文題目:Comparative Visualization with 3D and Virtual Reality Techniques for Observing Mode Water Regions
  • 概要
    観測手法の改良や計算技術の進歩に伴って高精度な海洋データの作成が進んでおり,海洋データの再現性に関する評価は非常に重要である.海洋物理学分野では,海面高度データを用いた海洋表面や鉛直断面図を用いた特定の位置で見られる海洋現象の再現性にもとづいて評価を行う場合が多い.しかし,こうした従来手法では再現性の違いを空間的・定量的に把握することは難しい.そこで本論文では,海洋データの評価基準の1つとして用いられるモード水領域の形状に着目し,形状比較分析に可視化技術を適用することで各海洋データの海洋空間の特徴を把握することを目指す.

宮城優里 博士論文公開発表会

  • 2020年2月26日(水曜日)15時30分~ @理学部3号館6階 602会議室
  • 論文題目:Summarization and Visualization of Movement Trajectories
  • 概要
    我々の身の回りには,人や移動物体などの動きをあらわす多様な動線データが存在する.これらのデータは防災,交通,マーケティングなど幅広い分野に有用な知見をもたらすものであり,分析の対象および分析者は多様化している.これらの巨大化・多様化し続けている動線データから「典型的な動き」「滞留発生地点」などの有用な情報を効率的に抽出し,誰にでも理解しやすい形で提示するためには工夫が必要となる.本論文では,動線データを効率的に分析するための特徴抽出・可視化手法を提案する.取得した動線データを簡易な記号列に変換したのちに類似度計算やクラスタリングによって分類し,その結果を一画面で可視化する.事例として歩行者の移動経路データと視線推移の動線データの2種類を選出し,それぞれのデータを主な対象として実装した可視化手法の詳細と実行結果を紹介する.

中澤里奈 博士論文公開発表会

  • 2020年2月26日(水曜日)17時00分~ @理学部3号館6階 602会議室
  • 論文題目:Visualization of Networks Including Categorized Nodes for Summarization and Comparative Analysis
  • 概要
    我々を取り巻く情報の中には,各要素をノード,要素間の関係性をエッジとするネットワーク,あるいはグラフといったデータ構造によって表現できる情報がある. 要素間の関係性は,たとえばSNSの人間関係や遺伝子間の相互作用など様々な分野のデータ分析に用いられる.このようなネットワークデータは,多くの場合要素がカテゴリ(あるいは属性)情報を持っていることが多い.そのため,データ分析時に要素間の関係性と要素自身のカテゴリという二種類の情報を紐付けながら分析する必要がある.このカテゴリ付きネットワークデータの分析を支援するための一手法として情報可視化がある.分析を支援する上で,まずネットワークデータの全体構造を理解するためのデータの要約表示と,その上での情報の取捨選択や比較のための表示が重要になってくる. 本論文では,カテゴリ付きネットワークデータに対する要約および互いに関連のあるカテゴリ付きネットワークデータの比較可視化手法を提案する.ノードやエッジを個別に要約するのではなく,ノードの属性情報を考慮したエッジの要約可視化手法と,比較するネットワーク間での属性情報や関係性の対応を考慮したインタラクティブな比較可視化手法を検討し,要約の事例として遺伝子ネットワークと論文参照関係を,比較の事例として論文参照関係と共著者関係の可視化を紹介する.

横窪安奈 博士論文公開発表会

  • 2020年2月27日(木曜日)10時30分~ @本館2階 第7講義室 (212室)
  • 論文題目:伝統芸道に親しむことを目指したコンピュータアプリケーション
  • 概要
    日本の伝統芸道の代表である茶道・華道・香道は,長い歴史の中で脈々と受け継がれてきたものであり,現代においても普遍的な価値がある文化である.伝統と様式美に裏付けられた伝統芸道は,美的で魅力的である一方,初心者には難解で親しみにくい印象がある. そのため,昨今の日本では,伝統芸道そのものが敬遠され沈滞しているのが現状である. 本論文では,伝統芸道未経験者や初心者らが伝統芸道に親しむための効果的な手法を明らかにし,コンピュータテクノロジーを用いて伝統芸道への導入を促進するためのコンピュータアプリケーションの構築を目的とする. 伝統芸道に親しむためのシステムとして, 「幻庵」,「 CADo」,「Trac Kenzan」,「eGenjiko」の4システムを提案, 開発,及び評価した. 幻庵は,茶事をテーマにしたアンビエントメディアである. CADo (写真1)は,ユーザの手元にある花材を用いて手軽にいけばな体験ができるタブレットPCアプリである. Trac Kenzan (写真2)は,コンピュータグラフィックス環境下に実現したいけばな練習システムである. eGenjiko (写真3)は,「源氏香」を体験する香道体験ゲームである. 伝統芸道の導入への裾野を広げるために提案した4システムの有用性について論じ,伝統芸道に親しみやすくするための導入アプリケーションの設計指針を示す.

http://siio.jp/pdf/doctor/2019cado.jpg http://siio.jp/pdf/doctor/2019kenzan.jpg http://siio.jp/pdf/doctor/2019genjiko.jpeg

2019年度修論発表会プログラム

  • タイトルをクリックすると要旨原稿のPDFを見ることができます
  • 印刷用プログラム(会場で配布されるもの)は以下にあります
  • すべての修論要旨原稿PDFを以下のURLからまとめてダウンロード可能です//(容量注意:31MBあります)

2020年2月7日(金曜日)@理学部3号館701号室(予定)

10:20-12:00

司会:耿, 折口, 黒田, 谷口, 田屋, 廣田, 島

13:00-14:40

司会:朝岡、坂倉、佐藤

14:50-16:10

司会:稲垣、阪中、山崎

16:20-17:40

司会:朝岡、坂倉、佐藤、北川、大西、春田、鈴木

2020年2月8日(土曜日)@理学部3号館701号室(予定)

10:20-12:00

司会:高崎, 高山, 種村

13:00-14:20

司会:玉田, 堀之内, 岡崎, 中島, 大川 

14:30-15:50

司会:太田、下田、半田、宮武

16:00-17:20

司会:天野、黒子、中林、孫、楊

17:30-18:00

研究室配属決め(@701) およびガイダンス(@配属先研究室)(学部3年生)

2019年度卒論発表会プログラム

  • タイトルをクリックすると要旨原稿のPDFを見ることができます
  • プログラムのPDF版(会場で配布されたもの)は以下にあります
  • すべての卒論要旨原稿PDFを以下のURLからまとめてダウンロード可能です(容量注意:40MBあります)

2020年2月5日(水曜日)@理学部3号館701号室

10:30-12:00

司会:秋山 雛乃, 飯野 早貴, 石嶋 美咲, 石田 真捺, 伊藤 美賀, 圓田 彩乃, 大谷 有美, 小笠原 和香

学生氏名 卒論タイトルページ数研究室
大谷ちとせ山越え気流による雲の生成01-02河村
大和田真由回転同軸円筒内の熱塩対流03-04河村
小川公子海流の西岸強化のシミュレーション05-06河村
古関七菜河川の合流部近くの流れの解析07-08河村
山村椎奈海底地形が津波に及ぼす影響09-10河村
前原由季自動車用方向指示器の補助装置の実装11-12粕川

13:00-14:45

司会:小川 佐和子, 折田 祐希美, 川西 真美, 木村 麻友子, 楠畑 真由, 後藤 杏菜, 坂田 百合絵, 佐々木 桃

15:00-16:30

司会:佐藤 七海, 清水 美卯, 清水川 七海, 秦 朱音, 鈴木 遥香, 須藤 百香, 関口 穂波

16:40-18:00

教員による研究室説明 (part 1)

一部の研究室は、クリックすると、受入れ条件、予定テーマなどについて、教員からのメッセージが見られます。

  1. 粕川研
  2. 工藤研
  3. 浅井研
  4. 戸次研
  5. 小口研
  6. オベル加藤研
  7. 神山研

2020年2月6日(木曜日)@理学部3号館701号室

10:30-12:00

司会:高野 紗輝, 田上 青空, 田口 遥香, 鶴岡 篠, 鳥山 菜海子, 芳賀 朋恵, 林田 梨花

13:00-14:45

司会:原田 穂花, 尾頭 花奈, 廣江 彩乃, 深谷 詩穂, 藤井 舞花, 本田 華歩, 松下 雅, 松本 留奈

15:00-16:30

司会:村上 綾菜, 油谷 綾佳, 渡邊 清子, 小谷野華那, 松野瑛南, 木村 佳羽, 森 楓里, 鈴木亜希

16:30-16:45

学生挨拶

17:00-18:00

教員による研究室説明 (part 2)

一部の研究室は、クリックすると、受入れ条件、予定テーマなどについて、教員からのメッセージが見られます。

  1. 小林研(人工知能の講義資料の中に研究室紹介のスライドがあります。)
  2. 椎尾研
  3. 浅本研
  4. 長尾研
  5. 吉田研
  6. 伊藤研

  • このページは,誰でも見ることができます.
    • 変更は,教員だけが可能ですので,内容変更の希望がありましたら, 指導教員に申し出てください.

過去の卒論修論発表会


添付ファイル: fileH17program.pdf 4279件 [詳細] filekensaku.png 2649件 [詳細] file 2117件 [詳細] file 2297件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-26 (水) 11:07:27 (42d)